ロゴ

 

4月

冬に活躍したマットやイルミネーションの片づけを行いました

冬に大活躍した融雪ホースの錆やマットの汚れをきれいに落とし乾燥させてから倉庫にしまいました。
また、木々の冬囲いも取り春仕様にしました。

融雪ホース掃除 マット掃除 冬囲い撤去

 

4/22(土) 昨年植えたチューリップがもうすぐ咲きそうです♪

昨年の11月に植えたチューリップがもうすぐ咲きそうです♪
芽が出て蕾が膨らむまでは本館入口脇に置き、水やりをしていました。
そろそろ色もついてきたので、道路側に面した場所にお引越しをしました!

昨年の植え込みした時の様子はこちら↓ 白・ピンク・黄・赤の4色を植えました。

チューリップ植え込み画像
 
 そして本日お引越しをしました!↓
 一番右下の画像は「ムスカリ」というお花です。歩道脇に以前社員が植えたもので
 毎年かわいく咲いてくれます。
 チューリップも綺麗に咲いてくれるよう、社員みんなで水やりを頑張ります。
 
引越中 チューリップ1 チューリップ2
チューリップ3 チューリップ4

 

4/27(木) チューリップが咲きました!(●´∀`)ノ+゜*。

 チューリップが一気に咲きました♪
 色とりどりに咲いていてとても可愛らしいです。春らしいですね!
 同じ種類の球根を購入したはずなのですが黄色のチューリップだけなぜか葉の縁部分が白くなっており
 とっても綺麗です!
 また、室内で育てているクンシランが今年も花を咲かせてくれました。
 艶のある濃緑色の葉でオレンジ色の花が豪華で人目を引きますね。
チューリップ5 チューリップ6 チューリップ7
チューリップ8 チューリップ9 クンシラン



5月

5月の緑化活動 【本 館】

本館入口(外)と風除室に新しいお花が加わりました♪玄関がだいぶ華やかになりました。
外にはロベリアとガーベラが仲間入りです。
最近、入口付近に羽虫が大量発生していた為虫よけ効果のある
ゼラニウムとマリーゴールドを風除室に設置しました。
確かに虫が減った気が…。実は他にも羽虫対策を行ったのです。その記事は後日アップします。

本館1 本館2
  (左)ロベリア・(右)ガーベラ  (左)ゼラニウム・(右)マリーゴールド


5月の緑化活動 【南 館】

南館も本館同様ゼラニウムが咲いていました。
パンジーとビオラは、園芸上は区別されているものの
学術的には同じもので特に明確な違いはないそうです。
一般的には、花の大きい品種を「パンジー」 花の小さい品種を「ビオラ」と呼んでいます。
どちらも色鮮やかで綺麗です。

南館1 南館2 南館3
       ビオラ        パンジー       ゼラニウム


本館入口付近に羽虫大量発生中・・・。

毎年悩まされているのですが、暖かくなりはじめると一気に本館入口付近に羽虫が大量発生します。
その正体はユスリカという害虫です。蚊のように人を刺したりなどはしないのですが
やはり大量に発生してしまうと困ってしまいますよね…。
そこで雨水枡のユスリカ、チョウバエなど不快害虫幼虫駆除に効果があるチャブBT錠を早い時期に撒きました。
ただ今年はそれでも大量発生してしまったのです。
ユスリカはU字溝のグレーチングの隙間から湧いてきています。ではそこに蓋をしようとの結論に!
サイズを測りカットをし木製の蓋を作成しました。

チャブBT錠 グレーチング 木製蓋1
     チャブBT錠       設 置 前       設 置 後


設置後はだいぶユスリカの数が減りました!効果があったようです♪ヽ(´▽`)ノ♪


5/27(土) 正面玄関エントランス屋根・窓清掃

  今年も営業のSさんとSEのHさんが正面玄関を綺麗にしてくれました♪
 高圧洗浄機を使って窓一面の汚れやくもの巣を一気に落として
 屋根部分もデッキブラシを使いピカピカにしてくれました。
 Sさん、Hさんありがとうございました‼  
清掃1 清掃2 清掃3




6月

6月の緑化活動 【本 館】


先月植えたロベリアがだいぶ大きくなり綺麗な花をたくさん咲かせてくれています。
バラも綺麗に咲いていました。
バラは育てるのが大変とよく聞きますが毎年綺麗に咲いてくれます。
特に特別な事はしていないのですが社員が毎日きちんと水遣りをしてくれているおかげですね!

ロベリア バラ
      ロベリア         バラ



6月の緑化活動 【南 館】

トレニアとニチニチソウがたくさん咲いていました。
トレニアは暑さに強く真夏でも生育が衰えないので夏花壇に最適な草花のひとつなんです。
その他にもマリーゴールドとマーガレットが咲いていました。
マリーゴールドは丈夫で手間がかからず、ハーブとして香りを楽しむこともできます。

トレニア・ニチニチソウ マリーゴールド・マーガレット
    トレニア・ニチニチソウ   マリーゴールド・マーガレット

 

 


7月

7月の緑化活動 【本 館】

 

本館の花々に新しい仲間が加わりました♪
左からケイトウ・ハイビスカス・キキョウです。
ケイトウはピンク、赤、黄、オレンジととてもカラフルで事務所のカウンターを華やかにしてくれています。
ニワトリのトサカに似ていることから「鶏頭」と呼ばれ、花房の先端が平たく帯状や扇状に大きく広がり
これがよく目立つのが大きな特徴です。
ハイビスカスは写真だと分かりづらいですが綺麗なサーモンピンクでとても夏らしくかわいいです。
キキョウは秋の花のイメージが強いですが
実際の開花時期は六月中旬の梅雨頃から始まり、夏を通じて初秋の九月頃まで楽しめるそうです。
他の花とは違い凛としていてとても美しいです。

ケイトウ ハイビスカス キキョウ
      ケイトウ       ハイビスカス        キキョウ



7月の緑化活動 【南 館】

 
 南館は先月と同じ花々が咲いていましたが
 次々と色の違う花を咲かせていました。
 天気も良く日当たりも良いため成長が早いです!!
 ニチニチソウの花言葉は「楽しい思い出」だそうで
 鮮やかな色の花をたくさん咲かせる姿がとても楽しげで、夏を満喫した子どものころを 
 連想させることに由来すると言われています。
 
トレニア ニチニチソウ
      トレニア       ニチニチソウ



8月

8月の緑化活動 【本 館】

 

 スダチは2013年に社長が植え替えをしたものです。
 写真にもあるように手で持てていたサイズでしたが
 みるみる成長し今では立派な樹木に成長しました。
 毎日社員が水やりをしているので葉も青々としていてとても元気です。
 ゼラニウムは最近花が全て散ってしまっていたのですがまた蕾ができ咲き始めました。
 春から秋にかけて色とりどりの花を長期間咲かせる品種なので長く楽しめて嬉しいです。

スダチ2013 スダチ ゼラニウム
   スダチ(2013年植替え時)      スダチ(2017/8現在)       ゼラニウム

 

 

8月の緑化活動 【南 館】

 

ハツユキカズラは新芽のときには赤みの強い淡いピンク色で徐々に白みが強くなり、
次いで白と緑色の斑点が混ざった姿になり最終的に緑一色になります。
それぞれの成長段階の葉が混ざった形で成長していくので
春~秋にかけては非常にカラフルで美しい姿になるそうです。
緑色の葉は秋~冬に紅葉するそうでこちらも本館のゼラニウム同様長く楽しめそうです。
ヤブランは和風庭園などの下草によく用いられている丈夫な花で
日陰・日向、湿潤・乾燥いずれにも強いところが魅力の植物だそうです。

ハツユキカズラ ツルニチソウ ヤブラン
     ハツユキカズラ      ツルニチソウ        ヤブラン


 

9月

9月の緑化活動 【本 館】


今回、珍しい植物が加わりました。
それは鑑賞用トウガラシです。
緑や紫、クリーム色から赤や黄、オレンジ色に変化するカラフルな果実を主に観賞しますが、
紫や斑入りの葉をもつ品種もあり、果実とあわせて、観賞期間がとても長い植物だそうです。
秋らしい色合いでとても可愛いです!
そのほかにも、スプレーマムとカランコエが仲間入りをしました。
スプレーマムは、菊と同じ「高潔」という花言葉を持っており気高く気品ある花姿に由来するそうです。
また「清らかな愛」という純粋さを感じさせる花言葉から、ウェディングブーケによく用いられるそうです。
素敵ですね✨✨

鑑賞用トウガラシ スプレーマム・カランコエ
     鑑賞用トウガラシ    スプレーマム・カランコエ


先日、駐車場脇のコニファーの木の下にある樹木が伸びて通行人の邪魔になっていた為
剪定を行いました。久しぶりに剪定ばさみを使用したので翌日筋肉痛になってしまいました・・・
ですが、そのおかげですっきりとし、カーブも見やすくなりました!

剪定作業1 剪定作業2



9月の緑化活動 【南 館】


南館のお花たちは
太陽をたくさん浴びて元気よく咲いていました。
ニチニチソウの原産地はアフリカやジャワ島などの熱帯地方で
日本には江戸時代中期に薬草として渡来したそうです。
こんなにかわいい見た目なのに今日では、抗がん剤の成分として利用されているそうです。
トレニアは初夏~秋にかけてスミレに似た色合いの花を株いっぱいに咲かせてくれます。
花壇にはもってこいの品種ですね♪

ニチニチソウ トレニア
      ニチニチソウ       トレニア


10月

 

 

ひまわり成長記録


5/27(土) ミニひまわり種まき

ミニひまわりの種まきを行いました。
今回植えたのはこちら↓

ミニヒマワリジュニア ミニヒマワリ小夏

【ミニひまわりジュニア】と【ミニひまわり小夏】です!

【ミニひまわりジュニア】は花壇での草丈は約60cm、分枝咲きで病気に強い品種です。小さな鉢で草丈40㎝程でかわいらしい鉢物にすることもできます。
【ミニひまわり小夏】は花壇植えで草丈約25cmとコンパクトでかわいいミニヒマワリ。花粉が出ないため花もちがよく、長い間楽しめます。

ミニヒマワ種まき様子


①まず、プランターの土をまぜます。土の中には赤玉・土の再生材・軽石等が入っています。
②指で1~2cmくらいの穴を開けそこにひまわりの種を2粒ほど入れていきます。
③種を隠すように土を被せます。
④最後にお水をあげて終了です。
ミニひまわりは昨年もしましたがすぐ枯れたり、虫がついてしまったりと
残念な結果となってしまっていたので今年こそ再チャレンジです!

実は…他にもいろんなお花の種をまきました。

種まき様子2

上段から・あさがお・ハーブミックス・白花カスミ草
中段は・大輪百日草・松葉牡丹
下段は・チャービル・矢車草・帝王貝細工です。

全部でひまわりを含めると9種類まきました!
この画像のように綺麗に咲いてくれるようお手入れを頑張ります。

6/12(月) ミニひまわりの芽が出ました!

 

先月植えたミニひまわりの芽が出ました!!
植えた種ほぼすべてが発芽してくれました。
すくすく育ってくれるよう水やりや害虫チェックなどをしっかりしていきたいです。

芽1 芽2 芽3


 

7/8(土) ミニひまわりに今年も虫が・・・

 


今年こそは!!と気合いを入れて育てていたのですが今年も虫の被害にあってしまいました。
虫対策のスプレー(オルトランC)も定期的にしているはずなのですが・・・
なかなか効果を発揮してくれません。
ですが、元気なプランターもありなぜこんなにも成長が違うのかと驚いています。
日当たり?土??種がもともと原因だったのか・・?
原因は謎ですがこれからも見守っていきたいと思います。
ミニひまわりと一緒に植えたハーブやお花達も少しずつではありますが成長してきました。

 

芽4 芽5 芽6
芽7 かすみ草 大輪百日草



7/28(金) ミニひまわり開花しました♪

 

ミニひまわり開花しました。
【ミニひまわり小夏】の方が【ミニひまわりジュニア】よりも一足早く咲きました(p゚∀゚q)

ミニひまわり開花

 やっぱりひまわりはとってもかわいいですね💛
 ですが・・・
 葉っぱを見てみると大変なことになっていました。
ミニひまわり葉
 

虫食いだらけで、枯れてしまっています。
虫対策のスプレーも効果がなかったようで悲しいです。
【ミニひまわり小夏】は背丈が低いため風が当たりにくいのも原因だったのでしょうか。
一方【ミニひまわりジュニア】の方はというと↓

ミニひまわり葉 ミニひまわり葉


元気に成長していますヾ(*´∀`*)ノ ♪
所々に虫食いがありますが小夏に比べ背丈が高いせいか風もよく当たり葉っぱも青々しています!
蕾もたくさんついていました。今年こそ綺麗にたくさん咲いてほしい!

ミニひまわり以外にも開花したお花がこちら↓

大輪百日草1 大輪百日草2 大輪百日草3


✨大輪百日草です✨
カラフルでかわいいお花が咲いてくれました。
こちらは虫食い等もなくとっても元気です!!
新しく蕾もついていました。何色が咲くのか楽しみです🎶

大輪百日草蕾



8/3(木) ミニひまわり次々開花♪

ミニひまわりが元気よく次々と花を咲かせています。

ミニひまわり ミニひまわり ミニひまわり


こちらは【ミニひまわりジュニア】です。小夏と比べるととっても元気で
たくさん咲いてくれました。昨年よりも元気に咲いてくれてとてもうれしいです★
やはり、小夏よりも背が高く日光や風もよく当たっていたのが良かったようです!!

大輪百日草も前回蕾だったものが咲きました。

ミニひまわり ミニひまわり


色は濃いピンク?のようでとっても可愛らしいです。
赤・ピンク・濃いピンクとすべて色が違う為、次は何色が咲くのかとワクワクしてしまいます。
これからもお手入れ頑張ります!!



 

 

 


PAGE TOP