□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

Rice Ace Communication(ライスエースマガジン) 第64号
                                2011/01/14
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

○○ 目 次 ○○

1.はじめに

2.『タイガーマスク運動』

3.Rice Ace情報 〜GoogleMap連動〜

4.気になるガジェット 〜電子ペーパー〜

5.会長メッセージ

6.編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1.はじめに
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  2011年、皆様あけましておめでとうございます。
本年も何卒お付き合いの程よろしくお願いします。<(_ _)><(_ _)><(_ _)>

 今年もすでに様々なニュースが巷を席巻していますが、個人的にはTPPの問題で
考えさせられる1年となりそうです。(2011年太陽嵐の件も気になりますが。^ ^)

 それともう一つ、次の項でふれますが『タイガーマスク運動』なる心温まる
ニュースも報道されています。

 私自身、今年は農業にもっと深く顔を突っ込んでいきたいと考えています。
そして農業関係者のつながりを大きくできる橋渡しができればと考えています。

また、面白いアイデアや情報がありましたら、おつたえしたいと思います。

 それでは2011年最初の Rice Ace Communication のスタートです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2.『タイガーマスク運動』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  先項で少しふれましたが、今、日本中で【正の連鎖】を巻き起こしている
『タイガーマスク運動』はとても心が温まるニュースです。

 ことの始まりは昨年のクリスマスに、群馬県の児童相談所に10個のランドセルが
"伊達直人"と名乗る人物からプレゼントされたことがきっかけです。

 この群馬県で起きたクリスマスの小さな奇跡が、人々の良心により大きな
奇跡となって、現在では全国で300件以上の寄付が各地の施設に寄せられています。

 そして、まだまだこの奇跡は拡大しています。

 普段はネガティブなニュースしか報道しない(←私の偏見)メディアが取り上げ
全国各地で【私もなにかしたい】と思った人が次々に行動した結果が今の【正の
連鎖】を生み出したんだと思います。

 なぜ、"伊達直人(タイガーマスク)"なのかと調べてみたところ、原作の漫画で
主人公の伊達直人は、プロレスで得たファイトマネーの半分を自分の出身した
施設へ寄付していたところからきているようです。(これから原作を読む人に
ネタばれの可能性があるので簡単に説明しています。)

 このニュースを耳にしたとき、昔見た映画『Pay Forward(ペイ フォワード)』を
思い出しました。

 『Pay Forward』とは、人に親切にされたら、その恩を他の人に返す(先送りする)
というルールです。

 例えば、一つ誰かに親切にされたら、別の3人に何かよいことをしてあげます。
その三人も同じ事をすれば、9人の人によいことをすることになります。
(言い方は悪いかもしれませんが、わかりやすく言うと『ネズミ講』方式です。)

これをみんなが続ける事により、最終的にその親切は自分に戻ってきます。
そして、その頃には世の中が変わっています。

 『Pay Forward』は日本でも、昔からある考え方で、『恩送り』といいます。
また、ことわざの『情けは人のためならず』も同義です。

 この、全国の"伊達直人"(もちろんその他の寄付者も)からの親切を
『Pay Forward』していけば、きっと世の中は変わると思います。

そして、今それが映画の中ではなく、現実に始まっています。

 このすばらしい活動が一過性のもので終わらない事を願っています。
  もちろん私も何らかの形で関わろうと思っています。
 
  今回は、個人的な感想が多くなってしまいましたが、そんなことを考えています。
ぜひ、皆さんも『タイガーマスク運動』に参加してみてはいかかでしょうか?

■タイガーマスク運動
http://www.sanspo.com/shakai/news/110113/sha1101130503004-n1.htm

■タイガーマスク
http://www.toei-anim.co.jp/lineup/tv/tigermask/

■『Pay Forward』について
http://www.awaji-net.com/pay-forward/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
3.米穀業専用販売管理システム『Rice Ace』情報 
              〜GoogleMap連動〜
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  マスタに登録してあるお客様の住所を利用して、即座に地図をプリント
アウトできる機能が RiceAce にあります。

 それは、得意先マスタ・仕入先マスタ・納入先マスタの登録画面、住所の横に
控えめに鎮座しているあの『地図』ボタンです。

 なぜか影が薄いボタンなのですが、配達で初めて行くお客様の場合や、担当
営業が変わった場合などにパッと地図を出すことができて、とても便利です。

 売上(仕入)入力画面からは [F3 マスタ登録ボタン] の得意先(仕入先)マスタ
から移動できるので、伝票入力の最中でも簡単に地図を出す事ができます。

 ちょっとした機能だけどツボを押さえたこの機能、ぜひご活用ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
4.気になるガジェット 〜電子ペーパー〜
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  昨年から電子書籍が大きな話題を集めています。
 
  電子書籍を読むためには電子書籍リーダーが必要ですが、先月発売され
好評を得ているソニーの『リーダー』などにも搭載されているディスプレイ
『電子ペーパー』を今回はご紹介します。

《特徴》
○薄くて軽い
  厚さ1ミリ以下で40インチのディスプレイでも500グラム程度です。

○折ったり、丸めたりできる
  カーブしている面にも取り付けることができます。

○消費電力が少ない
  情報の書き換え時に微量の電力を使うだけです。
  また、電源を切っても半永久的に表示することができます。

○目にやさしく、疲れない
  発光型のディスプレイ事情は光のチラつきなどで目が疲れやすいですが
  反射型の電子ペーパーはそんな心配はありません。

《活用例》
  長時間見ていても目が疲れないため、アマゾンの『キンドル』やソニーの
『リーダー』を始めとする電子書籍リーダーや携帯電話のディスプレイとして
普及しています。

 今後の利用としてはバス停や駅の時刻表に渋滞や雪などによる遅れを反映させた
時刻を表示させたり、店舗の価格表示に利用しタイムサービスの価格を瞬時に表示
させることなど多くの分野での利用が考えられています。

《今後の課題》
  今後さらに普及が期待されている『電子ペーパー』ですが、技術的な課題も
残っています。ウィンドウズでは当たり前の機能『スクロール』が現在まだ
できないのです。

 電子書籍などの場合は、基本的にテキストだけの表示になりますので問題は
ありません。
  しかし、今後雑誌や新聞などの電子化が進んだ場合、リーダーの画面より
大きなコンテンツを作成する必要があります。
  いまはまだスクロールができないので、今後の技術開発を待つことになります。

 現在世界で数十種類の電子書籍端末が存在しますが、そのほとんどが米国の
『E Ink社』の電子ペーパーが搭載されています。

 しかし今後は国内や台湾メーカーなど多くのメーカーが参入する見込みです。
今後の電子ペーパーの動向に目が離せません。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
5.会長メッセージ “あけましておめでとうございます”
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  2008年9月の『リーマン・ショック』に端を発した世界同時不況から
脱しきれずに、世界も日本経済も不透明感が漂ったまま新年を迎えました。

 景気は正に“気”の持ち方が大きく影響いたします。
 
  こんな不透明な時代であればこそ、夢と希望を持ち、前向きに過ごしたいと
思います。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
6.編集後記
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 今回触れたタイガーマスク運動には深く考えさせられました。
『活きるお金の使い方』の模範のような行動ではないかと思います。

 『米百俵』という新潟県では有名な話があり、その話のように語り継がれる
ような活動にまで発展してほしいと願っています。

■米百俵の精神
http://www.japan-fishing.com/navy/kome.html

 それでは本年ももRice Ace Communication をよろしくお願いします。m(_ _)m
                                 難波
  
■難波寿文 自己紹介
  http://www.system-ace.co.jp/rice/index.html

■お問合せメールアドレス
  info-rice@system-ace.co.jp