□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

Rice Ace Communication(ライスエースマガジン) 第69号
                                              2012/01/23

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

○○ 目 次 ○○

1.はじめに

2.SNSについて(私なりに考察してみる)

3.Rice Ace情報 〜流通BMSとは その3〜

4.会長メッセージ ”迎 春”

5.編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

1.はじめに

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
謹賀新年 今年も宜しくお願いいたします。<(_ _)><(_ _)><(_ _)>

冷え込み厳しい今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか?
今年もまた、このメルマガにて色々な情報を発信していきたいと思っております。
(3割は、私の文章力UPの為の修行ですが。。。)

本年もどうぞ変わらぬお付き合いの程宜しくお願いいたします!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2.SNSについて(私なりに考察してみる)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)とは、簡単に説明するとインタ
ーネットを通じ、多数の知人若しくは他人とのコミュニケーションをとることの
出来るサービスです。

Facebook・Twitter・mixiや、モバゲータウン・GREEなどもSNSです。

空気を読まない発言や過激な発言などで"炎上"と言う言葉で世間をにぎわす事も
あるサービスですが、昨今では”使うデメリットより使わないデメリットの方が
多い”と言われる程の隆盛っぷりです。

前述のように様々なサービスがありますが、どこが違うのか、どれを使えばいい
のかを私なりに考察してみます。

Facebook・・・多くのユーザーが本名で使用しているサービス。出身校や職場など
の情報を開示し、その情報からつながりを広げていく。
例えば、高校や大学の登録が一緒のアカウントを"もしかして友達?"と検索してく
れます。
時には「何でわかったの?」と思うくらいの懐かしい友達が検索されることも。
映画化されるほど世界では有名で、会員数では世界最大を誇るサービスです。
また、本名で登録することが一般的なため、成りすましをされると逆にわからなく
なると言った特徴?も。使用される際はその点にご注意ください。
■Facebook
http://ja-jp.facebook.com/

Twitter・・・"呟(つぶや)き"と呼ばれる短文の発信が一般的。
日常のちょとした気付きなどを気軽に発信するといった立ち位置のサービスです。
また気軽にフォロー(他人の呟きをみれるように登録する事)しあえるため、どんど
んつながりが広がっていきます。
現在、日本で最も多くフォローされている人物は孫正義(ソフトバンク社長)。
次いでガチャピン(説明不要?)、有吉弘行(芸人)となっております。
■Twitter 日本 総合ランキング
http://meyou.jp/ranking/follower_allcat

また、その匿名性が高いゆえにスパムツイートなどが出回ることがあります。
アカウント名が本名で無いことが多いため、間違った情報(主に出所不明で確認が
とれていないがインパクトのあるニュース)が呟かれ拡散することも多々有り、
およそ信じられない情報が回ってきたときは自分の手でソースを調べることが重要
とされています。
■Twitter
http://twitter.com/

mixi・・・ニックネームで登録するFacebookのようなサービス。
主に友達同士や特定の個人間のコミュニケーションに多く使われているようです。
また、現在日本では最大の会員数を誇るサービスです。

日記といった形で人に聞いてもらいたい出来事を発信し、それに対して友達がコメ
ントしたり、または気軽に"いいね!"を返信することでコミュニケーションを取れる
仕組みです。
■Mixi
http://mixi.jp/

モバゲータウン・・・先般、横浜ベイスターズのオーナー企業となったDeNA(株式
会社ディーエヌエー)のサービスです。私はやってないのでわかりません。(すいません)
■mobage
http://www.mbga.jp/.pc/

GREE・・・ゲームですよね?やってないのでわかりません。(度々すいません<(_ _)>)
■GREE
http://gree.jp/?action=login

私はTwitterから始め、いつの間にかFacebook・mixiも使用しています。
サービスにより友人や、またコメントの空気感が違ったりしますので、それにあった
内容を発信するようにしています。

企業アカウントを作り活用する場合は、"SNS 企業 活用"などで検索すると
たくさん出てきますので、調べてみてください。

そして、まだ使ったことの無い方は、ぜひ始めてみてください。

基本的に無料で使用できますので全てのサービスを試してみて、自分に会うサー
ビスを見つけてみてはいかかでしょうか?
                                 難波 寿文
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

3.米穀業専用販売管理システム『Rice Ace』情報 
             〜流通BMSとは その3〜
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
前回に続き流通BMS(Business Message Standardの略)についてのお話を
したいと思います。

3.メッセージフォーマットの統一(物流の特長1)

○標準メッセージを策定
総合スーパーや食品スーパーに特化した流通BMS「基本形Ver.1.0」では、EDIの
対象を現行の業務で使用頻度が高い「発注」「出荷」「受領」「返品」「請求」
「支払」の6業務としています。

さらに、「出荷」に関しては「伝票」「梱包紐付けあり」「梱包紐付けなし」の
3メッセージに細分化し、2007年4月には合わせて6業務8メッセージを標準化しまし
た。

続いて、スーパー業界とアパレル業界の取引に必要な要素を加味した、「基本形
ver.1.1」を2008年3月に、スーパー業界と生鮮業界の取引を対象とした「生鮮ver
1.0」を同年7月に公開しました。

さらに、チェーンドラッグストアやホームセンターの業界における検討結果を反映
した「基本形ver.1.2」を2009年4月に公開しました。

また、「基本形メッセージ」とは別に、百貨店業界の取引に必要な標準メッセージ
26種も、2009年4月に公開されています。

○メッセージ項目の大幅集約と審議の透明化
メッセージ項目を小売業全体で標準化している点も大きな特長です。
経産省事業の一環として日本チェーンストア協会と日本スーパーマーケット協会が
中心となり取引先も参加した「次世代EDI標準化ワーキンググループ」の中で標準化
の仕様を検討しました。

各社が利用していたEDIのメッセージ項目を持ち寄り、延べ2100項目を名寄せした
結果、最終的に171項目に集約して共通化を図りました。

なお、仮に不足する項目等が発生した場合には、その業界で十分検討した上で
流通システム標準普及推進協議会に業界の総意としてCR(チェンジ・リクエスト)
を提出します。

その後、同協議会内のメッセージメンテナンス部会で審議した上で、採用の是非を
決定することになっています。

 次号へ続く
                                 木村 二郎
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

4.会長メッセージ “迎 春”

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
昨年は未曾有の災害に見舞われ、悪夢のような状況の年でありましたが、今年
は“災い転じて福となす”、即ちこの大災害を新しい日本創生へのスタートの
年にしたいと念じています。

経済環境も円高、欧州の政府債務問題、原発停止に伴う生産停止問題など
いわゆる三つのリスク要因を抱えており、厳しい状況が予想されますが
“明けない夜はない”のです。

明るい未来を信じて前進あるのみ。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。
                       代表取締役 会長 仲納林 浩敏
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

5.編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
今回も最後までご覧頂きありがとうございました。

文章を自分で考え、書き、人に読んでもらうと言う事は本当に難しいですね。
メルマガ・ブログを仕上げる時はいつも頭を悩ませています。

ただ、気づいた事や思ったことを整理し、人に伝えられるよう自分の中で消化・
保存(記憶)する習慣としては最高の方法と考えています。

また、自分の語彙が増える事も一つの楽しみだったりします。

私には残念ながら文才と呼ばれるものが無く、まだまだ拙い文章でお送りしま
すがやさしく見守っていただけると幸いです。感謝。

■難波寿文 自己紹介
  http://www.system-ace.co.jp/rice/index.html

■米屋になりたいシステム屋のブログ
  http://inforice.blog.fc2.com/

■お問合せメールアドレス
  info-rice@system-ace.co.jp